【酸味のコーヒーを毛嫌いしてませんか?】

【酸味のコーヒーを毛嫌いしてませんか?】

「甘い香り」「華やかな香り」
「蜜のような甘味」「フルーティーな甘味」

こういう表現(言葉)から受けるイメージが良くない
という人はそれほど多くはないと思います。

ところが、「酸味のある」という言葉には、
マイナスのイメージを持たれる人が、案外、
多いように感じます。

実は、
「甘い香り」や「フルーティーな甘味」といった表現も、
「酸味のある」という表現も、同じコーヒー豆の説明に
使うことがよくあります。

何を言いたいかというと、
同じものでも、表現の仕方によって、あなたが持つ印象は
ガラッと変わる場合があるということです。

そのために「酸味のある=酸っぱい」コーヒーは苦手。

と思い込んでしまい、せっかくの「香り」や「甘味」と
遭遇するチャンスを、自ら遠ざけてしまっているなら、
それは、とても勿体ないことです。

僕が、お話しながら、
一緒にテイスティングしたりした人のなかには、
酸味のあるコーヒーでも、酸味が気にならず、他の香りや
甘味の要素が自分の好みにハマるコーヒーがあるという
発見をされ、すごくお喜びいただいたケースもあります。

具体的に、どうすれば良いか?
については、またおいおいここか、ブログなどでご紹介
できればと思います。

京都市内の方であれば、
例えば、当店の「コーヒー教室」にご参加いただき、
一緒に、あなたのお好みを探ったり、
最終的にはあなたに最適なブレンドを設計したり
することもできます。

コーヒー教室
⇒ goo.gl/jYpQKw

ご興味のある方は、お気軽にお問合せください。