ボルドーワインの気品漂う神のナチュラルコーヒー

こんにちは。

京都市上京区の同志社大学の近くで、週4時間だけひっそりと営業している自家焙煎コーヒー豆専門店、4ADJ1 Coffee Roaster のADJ1です。

 

 

もうすぐ、2020年も終わりますね。
生まれて、そろそろ半世紀になろうかという店主ですが、今年は今までにないことが起こりましたね。世の中のルールが音を立てて崩れ、再構築されたような一年でした。

 

 

そんなワチャワチャな一年を乗り越えて、迎える新しい年の始まりは若干聞き飽きた感の否めない「ステイホーム」になりそうな予感です。

 

 

そこで、この年末年始用にSTAYHOMEが、優雅なひとときに変わる、
そんなコーヒーを仕入れてみました。

 

 

アラビア半島唯一のコーヒー生産国イエメンから降臨した神々しいナチュラルコーヒー
モカボルドー ハラーズ リハブ村」です。

 

 

その名の通り、ボルドーワインのようにフルーティーな甘酸っぱい香りと口の中に広がり、ふんわりと溶けていくような優しい味わいは、以前から当店で取り扱っている王様のコーヒーこと、モカハラーズA+とも、その他のどのコーヒー豆とも似ていない「唯一無二」な存在です。

 

 

正直な話、趣味の延長でやってるような店で手を出すような代物ではないので、今後、機会があったとして、また仕入れるかはわかりません。(仕入れも高いし・・・(汗))

 

 

コーヒーは、ガツンと苦くないとあかん!という方は、ご遠慮ください。
絶対、お好みに合いません。

 

 

どちらかと言うと、果実のような甘酸っぱさを感じられるフルーティーなコーヒーがお好みの方は、人生の中で一回ぐらいは飲んでおく価値は十分にあります。

 

 

このコーヒーを飲むと「コーヒーって果実なんや」という事実が口と鼻の全神経から脳に送り込まれる、なんかそんな感じのコーヒーです。

 

 

誰にも会わず自分のためだけに使う時間を彩るのも良し、
気兼ねなく過ごせる家族やごく親しい人たちとまったり愉しむのも良し。

 

 

ちょっと辛いことが多かった2020年を忘れて、新しい気持ちで2021年を迎える時間のお供に、
人生最大級の贅沢コーヒーをどうぞ。

 

 

■イエメン モカボルドー ハラーズ リハブ村(300g)\4,860 税込


※在庫限りで再入荷予定はございません。予めご了承ください。