酸味のコーヒーが苦手?これを飲んでから決めて

当店では、初めてコーヒー豆を買いに来てくださったお客様に、
最初にする質問があります。

それは、「酸味のコーヒーは、絶対ダメですか?」です。

なぜ、その質問をするかというと、
酸味を許容できる方が、よりコーヒーを幅広く楽しめると
思っているからです。

 

コーヒー豆って、コーヒーノキという植物になる果実、
コーヒーチェリーという赤い実の種の部分なんです。

チェリー、そうサクランボの種みたいな感じです。

それを、いくつかの工程で精製したのがコーヒー生豆です。

 

 

当店のような「自家焙煎のコーヒー豆屋さん」では、
この生豆の状態で仕入れて、必要な量を焙煎して販売している
というわけです。

焙煎とは、コーヒー生豆を焼くことです。
当店は、熱風焙煎なので、直接火にかけるわけではありません。

焼き方の度合いを「ハイロースト」とか「シティーロースト」と
呼んでいます。簡単に言うと「よく焼き」か「軽く焼き」か
みたいな感じです。

 

原則として、よく焼きすると苦味が強くなり、
香りも昔からあるコーヒーらしい感じの香りになります。

逆に、軽めに焼くと、コーヒーらしい香ばしさに加えて、
果実のような甘みや酸味(甘酸っぱさ)など、多様な味が
感じやすくなります。

香りも、ワインや果実のような甘い香りや
シナモンやナッツのような香ばしい香りなど
複雑な表情を見せてくれます。

 

もちろん、しっかり焙煎したコーヒー豆も、銘柄によって
様々な味や香りの違いはあります。

 

でも、やはり、軽めに焙煎したコーヒー豆のほうが、
総じて、味も香りも表情が豊かです。(個人の感想ですw)

これは、他の食材でも同じです。
例えば、ステーキを想像してください。

ウェルダンで、しっかり焼いたものは「焼けた肉の味」が
強くなるのに対して、レアやミディアムレアのような、
赤みが残るような焼き方のものは「焼けた肉」の部分と、
「生に近い肉」の部分の味や香りが多重に楽しめます。
(伝わりにくい例えですみません。)

 


何が言いたいかというと、
酸味のあるコーヒーと言っても、単純に「酸っぱい」だけではない
ということです。

果物のように酸味と甘味が混在していたり、
焼きすぎていないことで、単純にスモーキーなだけじゃない、
香ばしさやふんわりした癒やしの香りが楽しめる可能性が
残されているのです。

 


それらの「可能性」を、
「酸味=酸っぱい=嫌だ」という思い込みだけで、
捨ててしまうのは、いかにももったいないと思うのです。

 

確かに、某量販チェーンやスーパーマーケットのコーヒー豆や
安っいカフェや喫茶店のコーヒー豆で、酸味のコーヒーは、
本当に不味い場合がほとんどです。

某コンビニコーヒーも、酸味系のコーヒー豆のときだけは、
「いくら100円でも、これはあかん」と思いました(笑)

 


でも、ちゃんとしたコーヒー豆なら、絶対に試す価値有りです。

 


例えば、当店では「酸味嫌いと思い込んでいるかも疑惑」の
お客様には、エチオピアのイルガチェフG1ナチュラルという
コーヒー豆を一度試していただいてます。

 

■イルガチェフG1 ナチュラル イルガチェフ地区(300g)-4ADJ1オンラインショップ


 

半分ぐらいのお客様は、リピートされるほど気にいられます。
そこまでいかないお客様でも「この酸味は嫌じゃない」という
反応がほとんどです。

 

そう「この酸味」というのが、重要なのです。
「一つがダメだから、ほかも絶対ダメだろう」で、自分の好みを
発見する機会を逃すなんて、もったいない話です。

 

もし、あなたが、昔飲んだ酸味のコーヒーが不味すぎて、
もう何年も酸味のあるコーヒーを避けているなら、
この記事に出会ったのも何かのご縁です。

 

もう一度だけ、酸味のコーヒー豆にチャンスをやって
いただけないでしょうか?

 


思いがけず、ご自分の好みを再発見するかもしれませんよ。