簡単♪アイスコーヒーを飛躍的に美味くするコツ

夏が来ますね。

 

というか、もう来てるのかもしれませんけど。

暑くなると、アイスコーヒーが恋しいという方も多いのでは?

 

というわけで、今回は、ご自宅でつくるアイスコーヒーが、
飛躍的に美味くなる(努力は無しで)方法をご紹介します。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ポイントは大きく分けると2つです。

1)抽出方法を変える

2)コーヒー豆を選ぶ

では、1つずつご説明していきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

1)抽出方法を変える  ドリップ→水出し

最も一般的な、氷をいれたサーバーの上からハンドドリップで抽出する
この方法をやめましょう。

 

正直言って、この方法はあらかじめ入っている氷が水になる分を
計算に入れて、注ぐお湯の量を加減するとか、経験値が浅いと
成功したり、失敗したりと安定性に欠けます。

 

そこで、オススメするのが「水出し」です。

 

この方法は、コーヒー豆を挽いて、所定の場所にセットしたら、
あとはポタポタ水を点滴のように落とすだけなので、放置でOK。

抽出する際に、あなたが感覚で調整したりする必要が一切いりません。

そして、出来上がるコーヒーは、ドリップで抽出した時より、
柔らかで、まろやかで、何より香りが豊かに抽出できます。
しかも、道具頼みなので、基本的に失敗はありません。

 

一点、難を言うならば、抽出時間がかかることです。

以下に、紹介する簡易な家庭用の器具で、400ml程度抽出するのに
だいたい1時間半ぐらいの時間を要します。

当然サイズが大きい業務用になると、数時間を要するものもあります。

 

あと、器具について、上記と少し矛盾するのですが、
大型のものは、ちょっとコツが要ります。正直、ちょっと面倒です。
※詳しくは、ここでは割愛しますが、最初から大型のはやめましょう。

 

ここでは、「ご家庭で簡単にアイスコーヒーを楽しむ」というテーマに
合う器具をご紹介します。

因みに、当店では器具は取り扱ってませんので、欲しいという方は、
以下のリンクからAmazonで購入してください。(すみません。)

 

当店のインスタにも何度か登場している器具で、店主は自宅でも数年来、
愛用し続けているのが、イワキガラスさんのこれです。▼

■Iwaki(イワキ) 耐熱ガラス
ウォータードリップコーヒーサーバー 440ml K8644-CL iwaki

コンパクトで使いやすく、抽出しながら冷蔵庫で冷やすこともできます。
価格もお手頃なので、気になる方は、一度、お試しください。

 

2)コーヒー豆を選ぶ

方法が定まったら、あとはコーヒー豆です。
アイスコーヒーには、基本的にしっかり焙煎した深煎の豆を使ってください。

 

特に、水出しの場合、酸味が強いコーヒー豆を使うと酸味があたったり、
渋く感じてしまったりするので、あまりオススメしません。

 

あと、できれば、スーパーで売ってるものや、カル●ィとかジュ●●ーや、
チェーン店系のカフェで陳列されているコーヒー豆は避けましょう。
(基本的に、鮮度と豆の質が良くないものが多いです。仕方ないです。)

料理と同じで、「調理法」が固定なら、あとの変数は「素材」の良し悪しが
仕上がりの品質を左右するのは明らかです。

 

できれば、自分のところで焙煎しているコーヒー豆屋さんで、
アイスコーヒー用とか、深煎(フルシティロースト)以上の焙煎をしている
コーヒー豆を豆の状態で購入していただき、使う直前に挽いてください。

因みに、水までこだわるというのであれば「硬水」よりも「軟水」のほうが
素直な味に仕上がると思いますが、この辺りは好みです。

 

というわけで、一応、当店で、水出しアイスコーヒーに向いている
コーヒー豆をいくつかご紹介しておきますので、よろしければお試しください。

 

■アイスコーヒー専用ビターブレンド
 https://4adj1.shop/items/5afe3c87ef843f1b48004843

■ケニア レッドマウンテン
 https://4adj1.shop/items/5edf06b2bd217827e429e178

■マンデリン・ブルーバタック
 https://4adj1.shop/items/5ed5bed1bd2178432e86c0b3

■ポアブス農園 ナチュラル ビオダイナミック農法
 https://4adj1.shop/items/5cac032fe11fdc188a10699c


 

水出しの美味しいアイスコーヒーを飲んで、今年の夏を少しでも、
楽しく気分良く、乗り切りましょう!